Air Stick 4KとFire TVのスペック比較、評価、口コミを集めてみました

比較・まとめ

2016年12月20日に発売された『Air Stick』。
その後継機となる4Kに対応した『Air Stick 4K』が2018年1月18日に発売されました。

スペック的に、ライバルとなるAmazon『Fire TV』と比較してみましょう。

Fire TVとのスペック比較

サイズ感はFire TV Stickに近いですが、スペック的には4K対応で金額も1万円を超えます。
なので、ここでは4K対応のFire TV Stickと比較してみました。

Air Stick 4K FIre TV Stick 4K
価格
(税込)
10,584円 6,980円
OS Android TV 7.1.2 Nougat
(Oreoへのアップデートを予定)
Amazon独自?
チップセット Amlogic S912J 64bit オクタコア 1.5GHz クアッドコア 1.7GHz
メモリ 2GB 1.5GB DDR4
ストレージ 16GB 8GB
WiFi接続 802.11b/g/n/ac(2.4GHz / 5GHz) デュアルバンド、デュアルアンテナWi-Fi、2×2 MIMO 802.11a/b/g/n/ac
有線LAN接続 専用のLANポート付ACアダプタよりの有線LAN接続 別売 イーサネットアダプタ 1,780円
Bluetooth Bluetooth4.1 Bluetooth 5.0
Audio aptX / aptX HD ドルビーアトモス、他
テレビ接続 HDMI 2.0(CEC Support) HDMI出力、Micro USB 2.0(電源用)
映像出力 720p/1080p/2160p 60fps(4K) 720p/1080p/2160p 60fps(4K)
HDR対応 HDR-10 HDR-10、HDR-10+
寸法 70×30×11mm 99×30×14
重さ 30g  53.6g
その他 有線LAN接続時にWiFiルーターとして利用可能
(機器を8台まで接続可能)
Amazonのコンテンツはすべて無料でクラウドに保存可能

AmazonもFire TV Stick 4Kが発売になり、どちらにするか悩むところです。
Air Stickは有線での接続も、ACアダプターに差し込めるので、オプション無しで利用できます。

対応している動画配信サービスは

OSはAndroidを使っているので、対応のアプリをダウンロードして動画配信サービスを利用します。
Androidのバージョンは、Android TV 7.1.2 NougatでOreoへのアップデートを予定しているとのこと。

あらかじめプリインストールされているアプリは、以下の通り。

TSUTAYA movie powerd by U-NEXT、Abema TV、GyaO!、DAZN、Hulu、Spotify、niconico、YouTube

といったところ。

すぐに使えるようにあらかじめ使いそうなアプリをインストールしてあるようです。

今後はNETFLIXにも対応予定です。

Air Stick 4Kの機能

Air Stick 4Kの機能をまとめてみました。

リモコンが充電式

リモコンについたマイクで音声検索ができるのは、もはや普通になっています。これはどちらにも搭載されている機能です。

最近はどこも認識率が高いので、結構聞き取ってくれますね。

リモコンは、Air Stick 4Kは電池ではなく充電式になっています。
電池交換の必要が無いので、いいかもしれません。

Google Homeと連携

GoogleHomeにも対応しています。
公式サイトによると、話しかけて好きなYouTubeの動画をテレビで再生したりすることもできるようです。

Fire TV StickもAlexa対応リモコンになっています。

Chromecastに対応

Chromecast機能にも対応しています。
Chromecast対応のアプリから動画や写真をテレビに映すことができます。

家族などでスマホの写真を大画面で見せあったりするのに便利。

Wi-Fiルーターになる

ここが最大の特徴と言ってもいいかもしれません。

ACアダプターにLANケーブルで有線接続すると、Wi-Fiルーターになり、最大8台までつないでネットを楽しめます。
2,4GHz、5GHzの周波数に対応、802.11b/g/n/acで安定した通信が可能です。

 

これはなかなかの機能ではないでしょうか。
家に有線LANしか無く、これから無線LAN対応のルーターを買おうと思っているなら、これを買ってしまってもいいかもしれません。

Bluetoothでヘッドフォンやスピーカーと接続

aptX / aptX HD対応のヘッドセットやスピーカーをBluetooth接続し、ワイヤレスでも高品質のステレオサウンドを楽しめます。

この機能を使って楽しみたい場合は、aptX / aptX HD対応のものを購入しましょう。

Air Stick 4Kの口コミ・評価

発売からそれほど時間も経っていないので、口コミはそれほど聞こえてきません。

Twitterなどでも、それほど評価が聞こえてこないのが現状ですね。

Air Stick 4Kは買いか?

サイズ感と、Wi-Fiルーターになる点、リモコンが充電式と、Fire TVを上回るスペックは確かに良いと思いますね。

ただ発売したばかりで、それほど使っている人がいないため、なかなか手を出しにくい商品ではあります。

そんな人のために、一部のTSUTAYA店舗では、一つ前の「Air Stick」のレンタルを行っている店舗もあります。

まずは借りてみて使用感を確かめてみるのもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました