dTV エイベックスが運営、会員数No1の安定した人気と安さが魅力

dTV

ドコモとエイベックスが共同で運営しているdTV。
スタート時はdビデオという名前でドコモユーザー限定の動画サービスでしたが、リニューアルを重ねdTVに名称変更し、ドコモユーザー以外でも、誰でも使える動画配信サービスになっています。

ドコモのスマホ契約時に、オプションとして入会するかたも多いですが、安さと使いやすさで解約せずに継続しているかたも多いようです。

国内の動画配信サービスにおいて、会員数No1というのも分かります。

dTVの基本的な仕様

名称 dTV(ディーティーヴィー)
料金(税抜) 500円/月 対象作品が見放題
新作等は、都度課金
ジャンル 洋画、邦画、アニメ、海外ドラマ、国内ドラマ、韓流・華流、
ガールズ、キッズ、教養・バラエティ、シアター、Bee TV、
音楽、ショートショート、漫画、カラオケ
無料お試し期間 31日間無料おためし
公式サイト dTV

見放題対象の作品はかなりあるので、月額500円だけでも充分楽しめます。
新作や有料作品の価格は作品にもよりますが、だいたい映画で400円〜500円程度。
ドラマなどで、300円程度といったところです。

作品のラインナップ

独自のオリジナル作品も多い

Bee TV と言うジャンルで、dTVはオリジナル作品を当初から配信しています。
寺島しのぶ、池松壮亮出演、禁断の恋を描いた三浦大輔監督の「裏切りの街」。国内映画とタイアップした「闇金ウシジマくん」「新宿スワン」「アイアムアヒーロー」「進撃の巨人」などのスピンオフや前日譚を描いた作品も配信しています。

独特のマンガ

dTV独特のマンガという名の動画もあります。
これはマンガを動く紙芝居風に動画作品にしたもの。サンプルがあるので見ると分かります。

【dTVマンガ】第1話「となりの怪物くん」CV:戸松遥 ・鈴木達央・種﨑敦美・逢坂良太

マンガ原作の国内映画は、スピンオフ作品も含め、より深く作品の世界観を堪能できます。

エイベックスだけあって、音楽、ライブは多い

エイベックスが共同運営しているだけあって、音楽コンテンツは豊富にあります。
Musicビデオ、LIVEまるごと、ライブ楽曲など、国内アーティストだけでなく、BIGBANGなどの韓流アーティストなども配信。

a-nationのライブはVRで配信もされたりと、色々な角度から楽しめます。
流行りのピコ太郎の映像も見れます。

カラオケも、もの凄い数がありますので、家での練習にはいいかもしれません。
ただし、キーチェンジなどの機能はありません。

ウォーキング・デッドなどの最新ドラマをリアルタイムで配信

FOXチャンネル配信では、人気のドラマ「ウォーキング・デッド」などのリアルタイム配信も行っているので、最新作品をいち早く楽しむことができます。

dTVターミナルでテレビで視聴

dTVをテレビで見るには様々な方法がありますが、専用機器dTVターミナルもあります。

専用機器なので、他の動画サービスなどでは使えず、拡張性は無いですが、dTVを楽しみ尽くしたい方には、分かりやすくピッタリ。
ドコモの専用サイトで購入するか、Amazonなどでも取り扱っています。

スマホ、タブレットではダウンロードもできるので、外出時や通勤通学などでも通信量を気にせず作品が楽しめます。
※すべての作品がダウンロードできるわけではありません。

ドコモポイントが貯まる

ドコモユーザーなら毎月の利用料に応じて、dポイントまたはドコモポイントを貯めることができます。
ドコモユーザー以外の場合は、dポイントを貯められます。

ポイントは加盟店や、dマーケットでの商品購入に利用できます。
ただし、dTVの月額利用料金には使えません

まずは31日間無料おためしで

「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス

コメント

タイトルとURLをコピーしました