さよならゲオチャンネル【2017年6月30日終了】

ゲオがエイベックスと組んで始めた動画配信サービスゲオチャンネル。
2017年3月31日の発表で、2017年6月30日でサービスを終了することを発表しました。

ゲオチャンネルサービス終了までの流れ

  • 2017年4月3日 新規入会の停止
  • 2017年4月28日 再入会の停止
  • 2017年6月30日 全サービス停止

となります。
現在(2017年4月10日)は既に新規入会は停止になっており、サイトへアクセスすると【重要なお知らせ】というボタンが表示されており、クリックすると詳しいサービス停止までの日程が告知されています。

ゲオチャンネル開始から約1年半でサービス終了

ゲオチャンネルが始まったのは2016年2月。
dTVやUULAも手がけていたエイベックスが主体になり、スタート。

しかし、内容はdTVよりもコンテンツが薄く、dTVの縮小版にアダルトをちょっと加えた感じの内容と、なかなか独自の色を打ち出せていませんでした。

価格安とアダルトという訴求ポイントは分かるのですが、価格安はAmazon(年会費3,900円)、アダルトはDMM見放題chライト(月額540円)と、ボリューム・内容ともに振り切っているサービスに完全埋もれた存在になってしまいましたね。

店舗オプションという、あまり意味のないオプションも付けたりして、店舗に来る会員も取り込もうとしていました。しかし、店舗に行く人と動画配信サービスを利用する人は全く別の属性です。レンタルするのが面倒だから、動画配信サービスで自宅や移動中に見るのですから。

ゲオトナは残ります

ゲオチャンネルは終了しますが、ゲオがゲオチャンネル以前から手がけていたゲオトナの方は残ります。月額980円でエロい作品がかなり見れるゲオトナ。こちらは初回14日間無料で楽しめます。
こうなると、ゲオは動画配信に関してはほぼアダルトという感じになってしまいました。

でもアダルトならやっぱり、DMMの見放題chライトのほうが、540円と半分近い月額でアダルトが2,000本も見れますから。こちらで充分でしょう。

やっぱり、特色やオリジナルコンテンツが無いとサービス継続が厳しくなってきましたね。

アダルト見放題!無料お試し期間のある動画配信サービス極4選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA